受付時間
9:00~20:00
※不定休(土日祝日も対応)
アクセス
名鉄三河線北新川駅 徒歩5分 駐車場:有

お気軽にお問合せ・ご相談ください

070-9073-7434

家族会議開催の勧め

女性が指摘

お盆やお正月にご実家へ帰省されることは多いと思います。

親戚一同とはいかないまでも家族が集まるのであれば、いずれ起こる相続のために、お金の話をする習慣を作ってはいかがでしょう。

そうでなくても相続を争続にしてしまわないために、エンディングノートを作っておいてもらうとか、遺言書を作ってもらうことをお願いをするのもこういった機会しかありません。

家族皆がそろうからこそ、言い出してしまえば事が進む可能性も高くなります。

家族会議を開催してみませんか?

家族会議開催の勧め

家族が集まる機会に家族会議を開きましょう。特に実家から離れて住んでいる方、必見です。

  • 家族会議開催のメリット
  • 相続を争続にしてしまわないために
  • 地元ファーストで
  • お葬式で話を始めるのは最低です

家族会議開催のメリット

資料

家族会議といってもそんなに肩肘を張る必要はありません。
特に実家を離れて住んでいらっしゃる方の場合、実家や地元で何が起こっているかよくわかっていないはずです。
加えて、地元に残っている両親や兄弟がどんな悩みを抱えているのか、家族間のお金の流れがどうなっているのかもよくわかっていません。

  • 家族の思っていることを知る
  • 地元特有の悩みを知る
  • 家族のお金に対する考え方を知る
  • 家族のお金の状況を知る

これが家族会議開催の主な目的です。
加えて、両親に遺言書やエンディングノートを用意してもらうことをお願いしていいかもしれません。

いずれにせよ、ほかの家族がいる前でそういった話をすることが大事です。
誰だって自分の知らないところで両親のお金の話をされるのは、気持ちがいいものではありません。
こちらの言い分だってあるのに・・・と思わせてしまったら、揉める元です。

相続を争続にしてしまわないために

考え

家族会議の際に話すべき内容について、少し掘り下げます。
ちなみに「自分はこうしたい」も大事ですが「皆がどうしたいか」に重点を置いて考えてみましょう。

  • 両親の意向
  • 兄弟の意向
  • 自分の意向
  • 家業について
  • 万が一の際の考え方について
  • 相続税が出るのかどうか
  • 大まかな財産について(預貯金、有価証券、生命保険他)
  • エンディングノートの作成について

まず第1段階として、このあたりについて話しておくべきだと思います。
実家を離れて暮らしている場合、話を持ち出すだけでも「何言ってんの?」って顔をされるご家庭もあるかと思います。でも「自分は気になっていて、すっきりさせておきたいのだ」ということを伝えるのは大事なことです。

何より両親や兄弟とこうした話ができる環境を作っていく努力をしておかないと、後々意思の疎通が図れないばかりに嫌な思いをすることになりかねません。大人になってからは疎遠になりがちな、兄弟との関係を構築し直していく意味合いもあります。

地元ファーストで

波紋

家族会議開催の時に抑えておきたい考え方として、上にも書いた「皆がどうしたいか」もそうですがもう一つ

「地元ファースト」があります。

これは、多少古い考え方なのかもしれませんが実家の土地や事業と仏壇・お墓を守っていく人がいる場合、その人の意向を酌んであげてほしいということです。

例えば地元で家業を営んでいたり農家をしている場合、家業や農業を続けていくためには維持しなくてはならない資産というものがあります。それらを無理やり法定相続分で分割して取り上げてしまうことで、立ちいかなくなってしまうケースは多々あります。

例えばそういった資産の代わりに金銭で遺産分割してもらうことも可能でしょう。
ただ、そのためには準備が必要です。お金を貯めたり、土地を売るにも時間がかかります。
その準備に必要な時間や考え方の譲歩をする余裕が欲しいと思います。家族会議の開催によりそういった心構えや準備に必要な時間を共有することが、争族を回避する大切なプロセスなのです。

お葬式で話を始めるのは最低です

献花

もっと悪いタイミングがありました。
病院でお見舞いついでに話すのはやめてください。
寝ている本人は聴覚だけは最後まで残っていたりします。
亡くなるのを心待ちにしているみたいで、とっても感じが悪いです。

葬儀の際に話を持ち出すのも避けたいところです。自分や家族が離れたところに住んでいて、面と向かって話す機会がないからと、お葬式の最中はもちろんその前後に話をするのもタブーです。そういったことをしなくて済むように、何度かに分けて帰省の時期など家族が集まったときに少しずつ話を進めておきましょう。

相続税が出るかどうかに関係なく、銀行口座の名義を変更したりするためには相続人全員の実印が必要です。誰かに知られないように、勝手にお金を大きく動かすことはできません。
「お金のことはまた後日」というコンセンサスだけ取って、一番身近にいた方が手続きに動き出すのを待つのが、最善の策ではないでしょうか。

相続対策でお悩みなら

お問い合わせください

ここまでお付き合いいただき、ありがとうございます。

今まで何件かの相続(争族)に立ち会ってきた独立系FPとしての目線で、家族で相続について話し合う家族会議の必要性についてお話ししました。

普段から仲がいいと思っている家族でも、いざお金が絡むとなると関係がこじれてしまうことも少なくありません。
離れて暮らしているならなおさらです。
お盆やお正月など家族が集まる機会に、家族会議を開催してお互いの思いを伝えあっておくことは大事だと思います。

特に高額の相続税が予想されるケースなど、相続対策を考え始めるきっかけにもなります。

ぜひ、家族会議を開催することをご検討ください。

お気軽にお問合せ・ご相談ください

お問い合わせ
お電話でのお問合せ・ご相談はこちら
070-9073-7434
受付時間
9:00~20:00
定休日
不定休(土日祝日も対応)

お気軽にお問合せください

コールセンター

お電話でのお問合せ・相談予約

070-9073-7434

<受付時間>
9:00~20:00
※不定休(土日祝日も対応)

フォームは24時間受付中です。お気軽にご連絡ください。

新着情報・お知らせ

2024/2/15
「お役立ち情報」を追加
2024/1/31
「お役立ち情報」を追加
2023/12/16
12/29~1/3の間、お休みします
2023/11/17
「お役立ち情報」を追加
2023/11/08
「お役立ち情報」を追加
2023/10/20
「お役立ち情報」を追加
2023/09/27
「お役立ち情報」を追加
2023/09/20
ファイナンシャルプランナーの選び方 公開しました
2023/09/15
「お役立ち情報」を追加
2023/09/12
必要的情報開示事項等のページを更新しました。

かわすみFP事務所

””
住所

〒447-0065 
愛知県碧南市久沓町
4丁目55番地

アクセス

名鉄三河線北新川駅 徒歩5分
駐車場:有

受付時間

9:00~20:00

定休日

不定休(土日祝日も対応)